税理士に経費削減を依頼したら効果的?

まず、皆さんは経費ってご存知でしょうか?

事業を継続していくうえにあたって、何かを購入したり、従業員に給料を払ったり、何かと会社を経営をする上では、経費というものは必要となってきます。

勿論、経費は会社の経営をする上で必要ですから、経費として計上する事も可能ですが、そもそも経費自体を削減する事ができるのであれば、会社の利益を上げるうえでは基本的な事となりますから、大切な事だと言うこともできます。

この経費削減について、税理士に依頼をすると、どのような効果が発生するのかと見ていくことにしましょう。

1.まずは固定費と変動費について理解する

固定費と変動費って、普段聞き慣れにくい言葉ではないでしょうか?

固定費と言うのは、売上がどのくらいあったか?等には関係なく、経営をする上で必ず一定のコストがかかる事を言います。

わかりやすく言うと、一般的には家賃ではないでしょうか?

これは、賃貸物件などに住まれている方にとっては、ご自身の月々の収入がどうであれ、大家さんに毎月住んでいる賃貸物件の家賃を支払わなければなりませんよね?

これが一定でかかるコストであり、固定費と考えます。

次に、変動費についてですが、例えば、あなたが小物やアクセサリーを売る会社を経営しているとしましょう。

売る為にはまず、商品を発注しますが、この商品も原材料や原価によって、その時々で値段に変動が起きる可能性があります。

また、その商品を実際に販売した場合でも、売上によっては増加する月もあるでしょうし、減少する月もある事でしょう。

つまり、このように毎月のように変動をきたすコストの事を変動費と言うのです。

2.税理士にお願いしたら経費削減できるの?

税理士は、皆さんご存知の通り、税務に関するスペシャリストです。

ですから、税理士にお願いする事でコスト等の経費削減を提案してくれたり、様々な事で活躍してくれる事は間違いありません。

ただし、税理士にお願いする場合は、お願いする為のコストが別でかかってしまいます。

つまり、依頼をかけてでもコストの削減面で最終的にプラスになるのであれば、税理士にお願いする方が、断然お得だと言う事になります。

税理士事務所によっても、依頼する為の料金はかかりますが、平均的にも大体数万円程度で済む事務所が多いようですから、ご自身だけで経費の削減を全て考えるのが難しい場合や、運営する事に専念したいと考える場合等には、税理士にお願いするのも、1つの手だと考えられます。

経費削減について、あまり考えて来られなかった場合は、もしかすると見直せばムダなコストが大幅にカットできる可能性もありますから、今一度見直してみると言う事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です