印紙税に関する備忘録

領収書について

債権と債務を相殺する領収書 例えば 売掛金と買掛金を相殺した場合に 領収書を発行する場合があります。

この場合は、実際には金銭の授受が発生していないので、印紙は必要ありません。

ただし、領収書から 相殺であることが分からない場合には普通の領収書と同様に印紙が必要です。

例えば「上記金額を相殺しました。」のように相殺の事実が明らかになるように

領収書には但し書きを記載しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です